食育に関する情報・食育の実践なら 【HATTORI食育クラブ】

インフォメーション

クラブインフォメーション

前のページへ12345678次のページへ

2013.05.31第4回日本料理コンペティション開催!

第4回日本料理コンペティション・作品募集!

日本料理コンペティションは、日本料理人たちが日本料理の未来のために開催する2年に1度の大会です。
第4回目となる今回のテーマは「発見!日本料理」。発見には二つの意味があり、一つは新しい方法や道筋、すなわち道理を見つけること。もう一つは、いつも見つめている見方を変えること、当たり前のことを当たり前ではないのだと考えることです。すると、きっと日本料理がいままでよりズーッと輝いてくるはず。自分なりの発見がある日本料理をお待ちしております。
【大会趣旨】
1.四季折々の自然の恵や山海の幸を活かした「地産地消」を提唱し、日本料理ならびに郷土料理を中心とした我が国固有の食文化への高い関心を喚起します。
2.全国レベルの料理人の交流と競争の場を提供し、専門知識や専門技術の研鑽をはかり、もって職業人としての資質の向上をはかります。
3.日本料理を核とした新たな食文化や食育の振興と料理法の開発を通じて、JAPAN ブランドとしての日本料理の新しい価値の創造に貢献します。
4.日本が誇る食分野日本料理を広く世界に普及し、次代にむけて日本料理のグローバルスタンダードを確立することで、未来を担う調理師や料理人の職業としての魅力を高めます。
【テーマ】
「発見!日本料理」
【大会日程】
エントリー締切:5月31日(金)消印有効
※詳しい応募要項・資料請求・エントリー用紙ダウンロードは
日本料理コンペティションHPをご覧下さい。
【応募資格】
調理師免許取得者で、且つ調理経験年数5年以上の料理人。
※ 国籍・年齢不問。 ※ 海外在住の方は、調理師免許は不要。
【賞の種類】
◆京都決勝大会
優勝:100万円、2位:30万円、3位:10万円
◆地区予選大会
優勝:5万円、2位:3万円、3位:2万円
地区予選大会、京都決勝大会の各賞には、賞状、メダルの他、副賞として味の素株式会社よりUMAMI賞(賞金)が贈られます。
【審査員】
村田吉弘(菊乃井主人)
栗栖正博(たん熊北店主人)
服部幸應(服部栄養専門学校校長)
栗栖 基(熊彦主人)
仲田雅博(大和学園理事)
橋本憲一(梁山泊主人)

【お問い合わせ】
特定非営利活動法人日本料理アカデミー事務局 (平日10-18)
〒604-8006 京都市中京区河原町通三条上ル下丸屋町396-3
TEL.075-241-4163 FAX.075-241-4168

第4回日本料理コンペティションHP

2013.05.05『2013食育・食肉まつり 』開催!

平成25年度食肉情報等普及・啓発事業
2013食育・食肉まつり~GWは食いだおれ!なにわの町で食を考えよう~開催
 

【開催概要】
開催日:平成25年5月5日(日)11:00~13:30(10:30開場)
主 催:NPO 食の安全と安心を科学する会(SFSS)
協 力:大阪市福島区 
後 援:公益社団法人日本食肉協議会、東京大学大学院農学生命科学研究科附属食の安全研究センター
参加費:無料 先着600名様
【開催場所】
講演会場:大阪市福島区民センター
 (〒553-0006 大阪府大阪市福島区吉野3丁目17-23)
ご試食会会場:江成公園  (福島区民センター正面)

【講演内容】
■服部幸應(服部栄養専門学校 校長)
   「食育:日本の食文化における食肉の重要性」
■関崎 勉(東京大学大学院農学生命科学研究科附属食の安全研究センター長・教授)
   「食肉の安全:食中毒細菌のリスクを知ろう!」
■山崎 毅(NPO食の安全と安心を科学する会 理事長)
     「食肉の安心:大切なのは安全を理解すること」
■司会:桑原征平

【ふくしま復興食肉試食会】※要整理券
「つながろう、福島」(大阪市福島区と福島県をつなげる)と題して、ふくしま復興支援食肉試食会を実施します。「福島牛」と「麓山高原豚(はやまこうげんとん)」の2種をご紹介します。

2013食育・食肉まつりHP
問い合わせ・事前登録申込

2013.03.02日本初!スマホ連動型料理マガジン「キレイ食」が発刊しました!

スマホ無料アプリ×料理マガジン 連動型レシピサービス「キレイ食 春号」が発刊しました!
「食からはじまるビューティーメゾット」の「キレイ食」は、低カロリーでヘルシーなレシピが無料で見られる「キレイ食スマホアプリ」と連動型料理マガジンです。
無料アプリでは、今日の献立やレシピのカロリーが計算できる機能も搭載でとっても便利!
「食べてキレイになる」をコンセプトに、手軽で美味しいレシピが満載です。
とじ込みふろくに掲載するレシピは、服部幸應監修の「ザ・食育」プロジェクトから厳選されたものを掲載。
三大栄養素であるタンパク質(Protein)・脂質(Fat)・炭水化物(Carbohydrate)の頭文字を取ったPFCバランスに配慮し、一食600kcalを目安としたレシピとなっています。
カロリーも塩分も控えめだけど、ボリュームある献立レシピで体の内側からキレイをサポートします!

キレイ食HP

2013.02.27第3回全調協食育フェスタ開催!

2013年2月27日(水)東京都立産業貿易センター浜松町館で第3回全調協食育フェスタ開催しました!

服部幸應が会長を務める(社)全国調理師養成施設協会は、東日本大震災後の日本を少しでも元気づけたいという想いから、「Shoku-ikuでニッポン再生!」をテーマに、3年ぶりに「全調協食育フェスタ」を開催しました。
同イベントでは、食関連の企業・団体が食育や健康に関連する最新情報を展示する「食育情報フェア」や、地方自治体・調理師学校が地元物産品や地元企業と開発した食品を案内・配布する「地産地消物産展」、会長・服部幸應や農政ジャーナリストの中村靖彦氏が講演する「食育・健康セミナー」、全国の調理師学校の学生による“調理の甲子園”決勝大会の全作品を展示する「調理技術コンクール」、全調協・調理師学校の活動を紹介する「全調協PRコーナー」と5本柱でイベントを盛り上げました。

【開催概要】
名称:第3回 全調協食育フェスタ
会期:2013年2月27日(水) 10時~17時
会場:東京都立産業貿易センター浜松町館2・3階
(東京都港区海岸1-7-8) アクセスマップ
主催:社団法人 全国調理師養成施設協会
入場:入場無料 ※招待券記入が必要

【イベント内容】
10:00~17:00
◆食育情報フェア:食関連の企業・団体が食育や健康に関する最新情報を展示
◆地産地消物産展:地方自治体と各地の調理師学校が地元物産品やオリジナル開発商品を案内・頒布
◆全調協PRコーナー:全調協と調理師学校の活動について映像や写真で紹介
◆食育・健康セミナー
10:30~12:00当協会会長・服部幸應
13:00~14:30農政ジャーナリスト・中村靖彦氏
◆調理技術コンクール
13:30~17:00作品一般公開展示
15:00~16:00授賞式

【問い合わせ】
全調協食育フェスタ事務局
TEL:03-3374-5381 FAX:03-3374-6401

全調協食育フェスタblogはこちら

2012.12.25食育report「『御食国』の幸を探しに、晩秋の若狭へ」UPしました!

服部学園講師陣による福井県若狭地方への食材探索の旅
 

11/23-11/25の3日間、「御食国」と称される美食の地域、福井県は若狭地域へ行ってまいりました。この地域は入り組んだリアス式海岸であるため、多種多様な魚を育み、越前がにや鯖、かれいなど大変美味で名高い水産物が水揚げされています。
今回、この時期のおいしい海の幸を探すべく、昆布蔵の見学や漁港でお話しを伺うなどさまざまなふれ合いをし、この地域ならではの旬の食材に出会うことができました。

御食国(みけつくに)の幸を探しに、晩秋の若狭へ

2012.12.17HATTORI食育クラブセミナーを開催しました!

12月17日に、今年最後のHATTORI食育クラブセミナー及び懇親会を開催しました。
食育セミナーは会長の服部幸應より「未来の食育」をテーマに、当校にて現在の食品業界に必要なものについて2時間程講義させていただきました。
懇親会は、HATTORI食育クラブ会員企業の「京懐石みのきち」にて会員同士、今後に繋がるより良い時間をお過ごしいただきました。

京懐石みのきち

2012.12.0112/1・2 農業フロンティア2012 服部幸應プレゼンツ ヨーロッパ スターシェフと日本食材の出会い開催!

ヨーロッパ スターシェフと日本食材の出会い
 

服部幸應プレゼンツ ~フランス料理の伝統と、ノルディック料理の革新が、日本の農産物と融合する~
服部幸應氏プレゼンツのスペシャルイベント。伝統あるフランス料理界のスターシェフ、ティエリー・マルクス氏と、世界のグルメが注目する新しい風、ノルディック料理界のスターシェフ、トーステン・シュミット氏が、日本ならではの農産物と出会い、全く新しい料理を生み出しました。 彼らが日本の食材からどんなインスピレーションを得るのか。見たこともない、味わったことのない料理が生まれる瞬間です。
ヨーロッパ スターシェフステージ一覧
12月1日(土)
A 11:00~13:00
【シェフ:トーステン・シュミット(デンマーク)/解説:服部幸應】
B 14:30~16:30
【シェフ:ティエリー・マルクス(フランス)/解説:服部幸應】
12月2日(日)
C 10:30~12:30
【シェフ:ティエリー・マルクス(フランス)/解説:三國清三 】
D 14:30~16:30
【シェフ:トーステン・シュミット(デンマーク)/解説:三國清三 】

農業フロンティア2012
報告レポートブログ

2012.11.1011月10日(土)・11日(日)第55回学園祭を開催します!

11月10日(土)・11日(日)第55回学園祭を開催!
入場無料!美味しく・楽しい企画満載です!

毎年恒例、学園最大のイベントです。 
今年のテーマは、“食育の底力”—食を守る、責任力。—「地球再生・ゼロからの出発6」~変わらぬ自然との共存を –希望の明日に託して~
  研究展示は、東日本大震災から学んだことを。自然を慈しむ心を、その恩恵に感謝しともに生きていくこと。地球の再生につながる「食育の原点」です。希望の明日への熱いメッセージの舞台を作りあげます。
また、特別ゲストに日野原重明先生を迎え、いまを代表するシェフによる料理講習会、活躍する卒業生によるデモンストレーションなど、今回も話題豊富なデモンストレーションとトークショーを!
本校在校生による和・洋・中・菓とバラエティーに溢れた模擬店、レストランでのお食事や喫茶など楽しみ一杯です!
入場無料!服部学園最大の食のお祭りにぜひ出かけてみてはいかがでしょうか。

第55回学園祭 入場無料
日時:平成24年11月10日(土)・11日(日)
時間:10日/AM11:00~PM5:00 11日/AM10:00~PM4:00
*時間は受付時間です。
会場:服部栄養専門学校

くわしいご案内「第55回学園祭」

2012.11.01HATTORI食育クラブ ロゴマーク一新のご案内。

HATTORI食育クラブは本年11月で10周年を迎えます。
これも会員皆様方の温かいご支援、ご協力の賜物と深く感謝申し上げます。
そこでこの度、本年10周年を迎えるにあたり、ロゴマークを一新致すことになりました。 HATTORI食育クラブのシンボルマーク「服部君」が顔となって早や9年が立ちました。 装いも新たに食育クラブの理念を盛り込み、よりわかり易く、 親しみを持っていただけるデザインにいたしました。 これから更なる食育の普及に努めていきたいという願いを込めております。会員の皆様方におかれましては、11月の10周年を迎えるのに先立ち、 ご案内を申し上げます。
これからもこのHATTORI食育クラブの理念にご理解をいただき、 ご支援、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

【ロゴマークの理念】 グローバルなデザイン性
日本の四季による豊かな食材、調理は世界から注目を集めており、 また食材という概念にも興味を持って下さる国々が増えてまいりました。 そういった意味で、世界で受け入れて頂けるようなデザインを採用。
ロゴは5枚の葉っぱ(羽)から構成されており、人の体を構築するのに 必要不可欠な、肉、野菜、魚、穀物、果物をまとめて表現いたしております。
スクリュウやプロペラのような形をしているのは、世界を股にかけて 食育の概念が広がってほしいという願いを込めています。

2012.10.26校長・服部幸應をはじめ服部教授陣が全面協力!「アイアンシェフ」放送開始!

校長・服部幸應をはじめ服部教授陣が全面協力!「アイアンシェフ」放送開始!
 

1993年から6年にわたり包装された人気番組「料理の鉄人」。 番組終了後も海外80ヵ国で包装され、その料理に対する真摯な情熱とエンターテイメント性は国境を越え、幅広い視聴者の心をつかみました。そんな「料理の鉄人」がいよいよ今年13年ぶりに新しい「アイアンシェフ」として完全復活!!
メイン解説者・審議委員として当校の校長・服部幸應が再出演。またシェフをサポートする調理スタッフも当校の教授陣が担当し全面協力します。

「アイアンシェフ」当校ご案内ページ
「アイアンシェフ」対戦レポートページ
「アイアンシェフ」オフィシャルページ
前のページへ12345678次のページへ