食育に関する情報・食育の実践なら 【HATTORI食育クラブ】

メディア

HATTORI食育クラブ 食育通信No.31

対談

鳥塚 ルミ子のオーガニックセラピー
オーガニックに恋=大切な人に愛

鳥塚 ルミ子
オーガニックライフコンサルタント/セラピスト
はじめまして。これから食育通信を通じて、食育をすすめる上で大切なオーガニック情報をお届けいたします鳥塚ルミ子です。今回は自己紹介を兼ね、オーガニックを学ぶにいたった経緯をお話いたします。


2000年から数年間、ニュージーランドやオーストラリアに渡り、リフレクソロジーサロンを経営していました。国籍、年齢、性別問わず、年間約5000人のお客様が足を運んで下さり、健康に美しく暮らしたいというのは、世界各国どこであろうとテーマとなるのかもしれません。オーガニックへの目覚めはオーストラリア在住中でした。「人をとびっきりの笑顔にしたい!」という思いからリフレクソロジーやアロマセラピーの技術を身につけたのですが、これらのセラピーは「外側」から心身を健康に導くものです。では、「内側」から心身を健康にしてくれるものは何なのでしょう。考えた末にたどり着いたのが、「オーガニック」だったのです。


オーストラリアはオーガニック大国としても有名です。最近ではアルゼンチンやキューバなどもオーガニック先進国として知られていますが、オーストラリアは世界の有機耕地面積の約40%を占め、もともと自然との共生、健康への意識が高い国民性なのです。私はオーストラリアで多くのオーガニックの物、人、考え方に出会い、学ばせていただきました。その後、日本のオーガニック事情を正しく知り、確かな情報を発信するために厚生労働省認可財団法人職業技能振興会認定のオーガニック資格※を取得しました。きちんと裏付けされた知識、技術を身につけ、心理的な安心だけでなく、確実な安全のための情報をお届けしたいと考えています。

私たちの身のまわりには残留農薬、環境ホルモン、ダイオキシンなど、健康に影響を与えるものがたくさん氾濫しています。私たちの生活で食だけをとってみても、マクロビオティック、スローフードなどいろいろな考え方がありますが、基本は農薬など有害な化学物質を使わない健全な食材にあります。オーガニックは、私たちが安心・安全で健康的な生活を送るための基礎知識です。そして体に良い食べ物は、おのずと環境にも良い物であり、また良い環境が良い食べ物をつくります。オーガニックは自分自身はもちろん、大切な人、ひいては地球環境を守るというライフスタイルであり、いっぱいの愛情に満ちあふれた考え方ともいえるのです。


これから、地球や私たちの健康に欠かせないオーガニック情報をお伝えしていけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

バナースペース